10月21日は後の月(十三夜)

2021年9月16日

10月に入り肌寒い日が多くなってきました。

外を出歩いてみても、つい先日まで半袖の人が多かったですが、最近は長袖の羽織ものを着ている人が増えました。

季節の変わり目は寒暖の差が激しく体調を崩しやすいため皆様もお気をつけ下さい。

さて、秋といえばで思い浮かぶものはたくさんあります。

紅葉の秋、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど。

そのうちの一つとして挙げられるもので十五夜のお月見があります。

その十五夜の約一ヶ月後に十三夜のお月見というものがあるのを皆さんご存知ですか?

中秋の名月の後なので、「後(のち)の月」と言われたりします。

十五夜に続いて美しく月が見える日とされています。

十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は晴れることが多いようで、「十三夜に曇り無し」なんて言葉もあります。

また、十三夜には栗や枝豆を供えることから「栗名月(くりめいげつ)」「豆名月(まめめいげつ)」ともいいます。

そして、十五夜と十三夜のどちらかだけしかお月見をしないことを「片見月」と言われたりもします。

十三夜は旧暦の9月13日にするお月見を指すため、その年によって日付が変化し、今年は10月21日となります。

21日は日曜日でお休みの方も多いでしょうから、ぜひ皆さんも十三夜のお月見をされてはいかがでしょうか。


弊社では夏の【9周年 買取アップキャンペーン】で大変たくさんのお客様にご利用頂けました。特別企画をたくさんのお客様にご利用頂け大変うれしく思います。今後ともお客様に喜んで頂ける企画を開催して参ります。楽しみにしていただければと思います。

しかし、大変たくさんのお申し込みをいただいた結果、一時的に一部のお客様には査定をお待たせする結果となってしまいました。お待たせしてしまいましたお客様には心よりお詫び申し上げます。

現在はお待たせすることなく買取をさせていただいていますのでご安心下さい。

繁忙期再来かと思うほどの買取のお荷物が毎日届いていますが、ようやくお月見ができるくらいには落ち着きはじめてきました。

これからは、皆様から買い取らせていただいた商品を少しでも早く販売し次のお客様にお届けできるよう、出品業務に勤しんで参ります。

買取サイトでは、今後は電話、メールに加えチャットでのお客様対応を実施予定となっています。

これからもお客様にご満足いただけるサービス提供と、その向上に全力を注いでまいります!

投稿者プロフィール

ブックスドリーム 編集部
ブックスドリーム 編集部ブックスドリーム 編集部
参考書・専門書・医学書、大学の教科書、予備校テキスト・教材を専門に買取・販売しています。専門店として創業12年。27万件以上の買取と2400万冊以上の取扱いを行ってきました。 インターネットから申し込みをして宅配便の着払いで送るだけの簡単買取。全国から送料無料で買取可能。ご希望の方には段ボール無料送付サービスも行っています。
こちらのブロブでは、当社の最新情報や業務風景、スタッフの紹介の他、参考書・専門書・医学書・予備校テキスト・教材などに関する様々な情報を投稿しています。