ミーティングを実施しました。|繁忙期中間地点において方向性を共有する。


こんにちは。ブックスドリーム竹中と申します。

今日は、繁忙期真っ只中。4月に入り中間地点での現状の状況の分析結果を周知し、共有するために緊急に設けられましたミーティングの内容をお伝えしたいと思います。

繁忙期前にも繰り返し、繰り返しミーティングを行い、綿密に計画を立案し、進捗確認し、検証していることは以前にもお伝えしました。

ミーティングを実施しました|現状把握と施策進捗状況確認について

こんにちは、ブックスドリームの竹中と申します。 今日は、毎週定例で実施されているミーティングの様子をお伝えします。 今週は、本格的に繁忙期へ突入し、半月が経過したということで各部署より施策の進捗状況と現状が報告されました。 実務的な濃い内容となりました。 …

4月に入り、中間地点を通過しました。結果としては、当初の計画どおりの期間内にクオリティを下げずに業務計画を終了させるためには計画の見直しが必要となりました。

どのような軌道修正を行うのか?見極める時期は何時が適当か?など議論が交わされました。

そして、再計画日程が決定されました。

特に、目に見えない部分。詳しくはビジネス上ご紹介できないのが残念ですが、どこの会社にもあるビジネスモデル。弊社は、そこにも焦点をあてていきます。

無駄を省き、そこで得た原資をまたお客様へ還元できるように取り組み続けます。

良いところは伸ばし、悪いところはできるだけ小さく、できれば無くす。その「当たり前」を実現し続けるように取り組みます。そうして、去年よりも今年。さらにより良い来年へ。お客様へご満足いただけるように探求し続けて、ブックスドリームは、成長していきたいと思います。

検証で確認できたことは、厳しい内容のものもありますが、

明るい内容のものもたくさんございます。

やはり、これだけたくさんの買取希望でお送りいただいているお客様に支えていただいているおかげで今期は、更に品揃えが豊富になることができそうです。

やはり、リユースで社会に貢献したいということで、

受験が終わったお客様には、お売りいただいて部屋を整理でき、売却した現金で次のステップのお手伝いを行い、

これから受験を迎える方には、新品よりも安い参考書で合う参考書を見つけるお手伝い。そして貴重な本との出会いも。

この2つを業務の中で実感できることは、とてもとても素晴らしいことだと思います。

最後の最後の1件のお客様へ

努力の結果をお届けするまで、

そして、そのお譲りいただいた本を次のお客様へお届けするまで、

私達の取り組みは、続いて参ります。

 

一冊、入魂!

一秒でも早く届くように、全員一丸となって、「本」でつないでまいります!

今後共、どうぞよろしくお願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です