読書してますか!読書週間について


おはようございます。それとも、こんにちは。それとも、こんばんは!でしょうか?

ブックスドリームの今回のブログ担当Oです。

近頃、寒さが身にしみるようになってきましたね。

秋を感じる季節となりました。

秋と言えば、「スポーツの秋」、「食欲の秋」、「読書の秋」と色々な言葉で表現されますね。

今回は、弊社取扱は書籍なので、やはり「読書の秋」からということで、10月27日から行われている読書週間について紹介いたします。


まず、読書週間とは?説明させていただきます。

終戦後まもない1947年(昭和22)年に、第一回目の読書週間が開始されました。

開催当時は、「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という、なかなか壮大な決意を持ってはじめられました。

今聞くと少し大げさな言葉かもしれませんが、当時は平和というものに対する思いが今よりずっと切実で、大事なものだったことを感じさせます。

第一回目の読書週間は、11月17日から開催され、次の第二回から10月27日~11月9日という文化の日を中心にした2週間と定められ、全国に広がっていきました。

今は、公益社団法人 読書推進運動協議会が中心となって行われています。

この読書週刊、今年でなんと第72回目となります。

長い歴史のある行事なんですね。


この読書週間では毎年、ポスターと標語を一般公募しています。

今年のポスターと標語がこちらです。↓

ポットのキャラクターが本を読んでいるなかなかユニークなものです。

リラックスしながら本を読む状況をうまく表現していると思います。

「ホッと一息、本と一息」もという標語も、ダジャレですが、ポットとほっとをかけて、ポスターの一服感というかリラックス感を表していますな。

皆さんはどう感じられますか?


この読書週間中、各地で色々なイベントが開催されています。

その中でも、大手書店であるジュンク堂で行わているユニークなイベントを初回します。

その名も、「丸善ジュンク堂に住んでみるツアー」です。

名前の通り、ジュンク堂書店に一晩泊まり込み、その間、店内にある本や雑誌を自由に読むことができるというイベントです。

Twitter上での「ジュンク堂に住みたい」というつぶやきからはじまったこの企画、

今年で5回目を迎えるそうです。

参加費はなんと無料、その他寝袋も用意されています。

 

なかなか太っ腹だなあと思いましたが、

募集要項をよく見ると、

「お一人様最低3冊の書籍か雑誌のご購入をお願いします」という一文がありました。

意外とちゃっかりしています。

 

それでも、本好きなら一度は夢見るイベント、

残念ながら今年の応募は終了していますが、例年通りなら来年も開催されるでしょう。

もし、読書や書店が好きなら、応募してみるのも良いかもしれません。

 


この読書週間を通じて、読書の楽しさを知ってもらい、すこしでも多くの人に「読書習慣」を持ってもらいたいですね。

 

さて今、弊社では社員一丸となって大量に入荷してくる書籍の山と格闘しております。

本を手にとっても熟読できないことは、少し我慢が必要ですが、

一人でも多くの人に本を届けられるように、

会社の一員としても、一人の読書好きとしても業務に邁進していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です