買取センター付近のご紹介1 石切剣箭神社(石切さん)


ブログをご覧下さっている皆様、いつもありがとうございます。

この時期は丁度、立春と呼ばれているのですが、

連日続く寒さ・・・とても暖かくなる兆しがないなと思うこのごろ、

皆様も体調管理には十分お気をつけください。


さて、話変わりまして、

せっかく新しく設立した買取センターですので、ご近所のいいところをみつけらればと散策してみました。

その様子を紹介をさせて頂きますね。

新石切といえばやはり、「石切剣箭神社(石切さん)」ではないでしょうか!
こちら、本社と上之社がありますが、スタッフの体力的に上之社参拝はあきらめましたので
今回は本社を中心に紹介したいと思います!
有名な神社で創建はなんと紀元前659年、神武天皇とゆかりのある場所でもあります。

 

では、簡単な神社の説明からさせて頂きます。

「石切さん」「でんぼ(腫れ物)の神様」として親しまれ、本殿前と神社入り口にある百度石の間
を行き来するお百度参りが全国的に有名。 (Wikipediaより)

祭神は
饒速日尊と可美真手命
こちら家族でして饒速日尊が父、可美真手命が息子となっております。
どちらも武神であり、神武東征神話と関わりがあります。
そう聞くとあれ?武神であるのに「でんぼの神様」とは?と疑問に思いました。
実はこの「でんぼ」というのは本来「伝法」のことで古より社家である木積家に伝わる禁厭の秘法 の事を指しておりこの秘法が腫れ物にきくらしいという噂やご利益からかいつしか「でんぼの神様 」と広まったのではないかと思われます。

こちら絵馬殿には親子の像が置いてあります、どちらも弓や剣をもっているので武神とわかりました。


話し変わりまして、色々な自社仏閣には刀などが奉納されていたりするのですがこちらの石切剣箭神社 にも刀が奉納されています。
その名前が「石切丸」こちらの刀はどうして奉納されたのかはいまだに謎となっておりますが。
神武東征の折に長髄彦を殺し天皇に帰服した可美真手命の伝承を記し可美真手命は功を讃えて霊剣 を賜ったとして当社の神霊がこの霊剣であらねばならないとのことですがこれがこの石切丸かどう かは定かではなく詳細が分からないそうです。
実は、この石切丸、最近有名で、ソーシャルゲーム「刀剣乱舞」というゲームに登場しているので す。
去年の紅白歌合戦でも登場しており(こちらは刀剣男士ですが)紅白を見ていた方々は覚えがあるの ではないでしょうか?
そのおかげか、当日撮影のため訪れていたスタッフは何人かの若い女性参拝者に出会いました。
これが、今人気の!とちょっと感動してしまいました。



そんな石切丸のご利益があるのでしょうか?買取センターご近所の量販店の外壁にも「石切丸」の文字が!

弊社もそのご利益がありますように。ご近所のよしみで、ともに商売繁盛といきたいものです。


だからという訳ではございませんが、

↓何度も紹介させていただいております、弊社の買取センターはこちらです。↓

【買取センター】
579-8013 大阪府東大阪市西石切町7-1-12 辰野枚岡ビル6F
株式会社ブックスドリーム 買取センター
tel:0120-540-042

たくさんのお客様から買取のご依頼をいただけ、一丸となって業務に邁進しております。

また、近いうちに近所の散策のため、小さいさんぽをして、皆様に石切のいいところを紹介できたらと考えております。

今後とも、当ブログをどうぞごひいきに。

ブックスドリームをどうぞよろしくお願いいたします。

 

【関連画像・記事紹介】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です