新型コロナウイルス感染症に対する弊社の対策につきまして


いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

ブックスドリームのAと申します。

新型コロナウイルス感染症が日本中で流行しており、まだまだ外に出るのが不安な状況が続いていますね。

そんな中ですが、本日は、弊社が行っている新型コロナウイルス感染防止対策に関して、一部を紹介させていただきます。

弊社はインターネットを介した非対面の買取・販売サービスを提供しており、不特定多数が集まる商業施設ではありません。従って、緊急事態宣言に基づく休業要請を求められる業者には当たりません

従いまして。弊社では、顧問弁護士や顧問社会保険労務士等と適宜相談の上、会社の適切な運営や緊急事態宣言への対応、従業員の安全と生活、及び公衆衛生管理等に必要な助言を求め、緊急事態宣言や都道府県知事からの要請の趣旨に基づき、感染症対策の徹底やテレワークの導入、出勤調整等の従業員の希望への柔軟な対応等の必要な施策を強化・徹底した上で、これまで通りにお客様へのサービスを提供しております。

新型コロナウィルス感染症及び、緊急事態宣言の影響につきまして|(株)ブックスドリーム

新型コロナウィルス感染症及び、緊急事態宣言の影響につきまして 平素より弊社サービスをご利用頂き誠にありがとうございます。・顧問弁護士や顧問社会保険労務士等と適宜相談の上、会社の適切な運営や緊急事態宣言への対応、従業員の安全と生活、及び公衆衛生管理等に必要な助言を求める 本日は、新型コロナウィルス感染症及び、緊急事態宣言の影響につきましてご説明申し上げます。 …

このように様々な感染症対策を行っており、日々新しい対策を取り入れていっていますが、今回は、従業員とお取引先様の安全と健康を維持するために社内で行っている予防対策をご紹介します

1.従業員の手洗い、うがい、マスク着用などの徹底。
マスクの社内配布と、トイレ等に丁寧な手洗い方法の張り紙をすることにより、洗い残しのない衛生的な手洗いをすることで感染を予防しています。

従業員全員、必ず1メートル以上、できれば2メートルの距離を取って、マスクを着用し業務にあたっています。

また、フェイスガードも従業員に配布しています。
顎の下までガードされるので飛沫感染対策には非常に有効です。

2.不要不急の外出を自粛。
従業員には、病院や食料品の買い物、仕事等以外の外出、不要不急の外出は自粛発熱や体調不良の場合は早期に申告するように周知しております。

3.社内の各所に消毒液を配置し、従業員は、最低一時間毎に消毒を行うことを徹底。
各作業テーブルに消毒液のスプレーボトル、ハンドペーパーを設置。玄関などの共用スペースや各部署ごと、各ポイントごとにも消毒液を設置

就業前、就業後には使用した備品を消毒することを徹底。
玄関、ドアノブ、エレベーターのボタン等、人がよく触れる箇所、共用スペース・共用物は一日に何度も消毒することを義務づけ、取引先様にも消毒液による手洗いの徹底とソーシャル・ディスタンス(他者との距離)の確保を徹底していただいています。

従業員、お取引先様の目に届くようにあらゆる箇所に感染症予防対策の張り紙をしています

弊社の従業員、来客様用の入り口のドア付近の様子です。
面接に来られた方や来客者様にも消毒液を使って頂くよう張り紙をしています。
また、コロナウイルスに関する情報等も掲示していますまた、感染予防対策のアドバイスを随時、配布及び掲示しています。

室内から見たドア付近。

男子トイレ前。
使用後には手洗いを徹底してほしいので、張り紙を重点的にしています。

また、トイレに設置してるハンドドライヤーはウイルスの飛沫の恐れがあると考え
使用禁止にしています。
その代わりとしてハンドペーパーを用意し、清潔さを保っています。

また、便座のある個室には消毒液のボトルを置くことで、使用の際は便座の消毒を
徹底しています。

女子トイレも同じように張り紙を貼っています。

張り紙を様々な場所に貼ることでで徹底した感染予防対策を!

4.3密を避け、ソーシャルディスタンスを意識する。
常に窓を開け、密閉空間にならないよう換気し、従業員間の会話は必ず最低1メートル、可能なら必ず2メートル離れて行うことで密接場面や濃厚接触避けることを徹底

朝礼、昼礼、終礼も従業員間の距離を1m~2mあけて行っています。

また、トランシーバーの導入により部署間の対面での会話を減らしています。
作業エリアを広く使うことにより従業員間の間隔を取り、密集場所を作らない

5.社員ミーティングや朝礼・昼礼・終礼で、感染症に関する新たな情報や新たな施策、不要不急の外出自粛の徹底等を毎日確認。全従業員が感染症予防に努める意識を徹底する。

こちらは弊社の代表も含めて各部署の責任者や社員が毎日話を行い、新たな情報を全従業員と共有し、日々の注意喚起や「感染しない」「感染させない」ための啓蒙活動を徹底して行っています。

 

今後も従業員ならびにお取引先様のご家族、ご友人、同僚の安全と健康のために
、感染症防止対策を進めて参ります。

そしてお客様には今までと同様以上のサービスの提供に努めて参ります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です