スタッフ勉強会を実施しました|社員で働く第一歩

2021年9月16日

ブックスドリームの青木と申します。

本日は7月20日に行ったスタッフ勉強会の様子をご紹介させて頂きます。
この日の勉強会では、社員として働き始める際に大切なことについて学びました。

当社は現在多くの社員が業務に取り組んでおり、また直近で新たに当社の一員になった社員もおります。そのため一度初心に立ち返り、社員として働き始める際に大切なことの意識共有を行いました。

まず新たな環境で働く際に大切なこととして、純粋で真っ白な気持ちで何事にも取り組む姿勢があります。

人によっては新たな環境でも自分の考え方ややり方、自分の能力を基準に物事に取り組む方がいらっしゃいます。もちろん環境によってはそれも間違いではないのかもしれませんが、当社はまず「会社との一体感」を全社員に求めております。そのためまずは会社の方針や考え方との協調を意識し、特に入社初期の段階においては上司の意見を純粋な気持ちで受け入れることが大切となります。会社と一体となり業務スキルが身についてから自分自信の能力や考え方をアピールすれば、より良い成長の道を歩めるかと思われます。

また仕事に取り組む意識は初めから高い意識を持つことが大切です。

新しい環境の職場で初めからその環境における高い業務スキルを持っている方はまずいませんが、高い意識をもつことは心がけ次第で可能です。例えば高い意識の具体例の一つに「コスト意識」があります。会社は社員を雇用する場合、多くの経費を必要とします。そして経費以上の売り上げが得られることを期待して雇用を行います。このごく当たり前の事実を意識できているかどうかが仕事の質に大きな違いを生み出します。

自分の業務によって会社の売上がどの程度向上するか、現在の業務をより改善して売上の向上を図れないか、自分の人件費と自分の働きを鑑みて果たして自分は会社のプラスになり得ているのか、よりプラスになるためにはどうすればよいか、これらを常に意識している人の仕事の質は意識していない人と大きな差が生まれます。

初めから全ての業務ができる人間はいないかと思われます。しかし初めから「純粋な気持ちで高い意識をもつこと」は心がけ次第で誰にでも可能なことです。当社で働く社員全員が純粋で高い意識を持ち、会社のために、周りのために、そして自分のためにという気持ちで働いていくことができるようになれば、会社にとっても周りのスタッフにとっても、そして自分自身にとっても素晴らしい成長の道を歩むことができるものと思われます。

当社ではこのような視点を基礎として、今後も様々な人材教育を行って参ります。

投稿者プロフィール

ブックスドリーム 編集部
ブックスドリーム 編集部ブックスドリーム 編集部
参考書・専門書・医学書、大学の教科書、予備校テキスト・教材を専門に買取・販売しています。専門店として創業12年。27万件以上の買取と2400万冊以上の取扱いを行ってきました。 インターネットから申し込みをして宅配便の着払いで送るだけの簡単買取。全国から送料無料で買取可能。ご希望の方には段ボール無料送付サービスも行っています。
こちらのブロブでは、当社の最新情報や業務風景、スタッフの紹介の他、参考書・専門書・医学書・予備校テキスト・教材などに関する様々な情報を投稿しています。