衣替えの季節とサムライジャパン!?


皆様こんにちは!こんにちは!

本日は私がブログを担当させて頂きます。宜しくお願い致します!

とうとう夏も終わり、10月になりました。まだ昼間は少し暑さが残りますが、夜になると薄着では寒いと感じるくらい寒暖差が激しくなってまいりました。この時期が一番体調に変化が起こりやすいので、風邪をひかれたり、体調不良にならないよう、十分ご注意下さいませ。

【10月3日時点の査定状況のご案内】と【買取・販売サービスのご紹介】


さて、本日はどのようなお話をさせて頂くかと言いますと、皆様の会社や学校、もちろん日々の生活でもそうですが、この時期に「衣替え」をされる方が多くいらっしゃると思われます。

そんな「衣替え」ですが、皆様なぜこの時期にするのかご存知でしょうか?当然、寒くなるからという理由はありますが、正確には古代中国へさかのぼります。

古代中国の宮廷で、旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えていたことから始まった習慣なのです。それが平安時代に中国に倣って取り入れられ、宮中行事となりました。夏装束と冬装束の入れ替えは「衣更(こうい)」と呼ばれ、中国同様、陰暦の4月1日と10月1日に行われるようになったのです。

衣替えの正式な字は「衣更え」、それが民間の中で「衣替え」になったと言われています。

現在の日本では、多くの地域で毎年6月1日と10月1日に一斉に衣替えが行われ、多くの場合、2週間から1か月間の移行期間が設けられています。


こんな話を書いている間にふと思い出したのですが、衣替えについては、実は私Mには特に良い思い出がなかったのでした。学生時代ですが、夏の制服から冬の制服へ、冬の制服から夏の制服へと替えるのがとても億劫だった記憶が残っています。実は極度の寒がりで、夏の制服が嫌いでした。そのため、社会人になってからは、夏でも冬でも長袖一択で、周りが半袖1枚で仕事をしている中、今年も一人長袖を着続けています。

そんな私には不似合いな「衣替え」ですが、楽しみにされておられる方もいらっしゃるはずですので、ここで各季節ごとの衣替えの時期を調べてみました。

・春服への衣替え:4月1日
・夏服への衣替え:6月1日
・秋服への衣替え:9月1日
・冬服への衣替え:10月1日

なんといいますか、思ったのは秋がとても短い!これでは秋が不遇ですね。しかし、その分秋にしか出来ないコーディネイトを楽しんで、短い期間を最大限満喫出来るのが良いかなと感じました。


弊社でも、この時期くらいから衣替えとまではいきませんが、変化が起こってまいります。弊社ではスタッフジャンパーがありまして、これがいい感じに暖かいのです。

このジャンパーが一人、また一人と増えていき、まさに

「サムライジャパン」!

なんてことは冗談ですが、私たちスタッフの気持ちはサムライジャパンに負けませんよ!

常時根拠のある買い取り価格アップも行ってお客様に最大限還元させていただいております。そして、皆様からお送り頂いた書籍は一冊一冊しっかりと丁寧に査定をさせていただいております。

【送料無料冊数の緩和】と【返品送料も無料】のご案内|学参プラザ、専門書アカデミー、メディカルマイスター

ワールドカップのごとく、古本の市場で弊社が頂点をとれるよう、全員が一致団結して協力しながら日々皆様からの申込みをお待ちしております。

詳しくは弊社HPをご覧下さいませ!

学参プラザ→https://www.booksdream.com/

メディカルマイスター→https://www.medicalmeister.com/hosho/

専門書アカデミー→https://www.academybook.net/


いかがでしたでしょうか。

皆様もこの機会に衣替えを行って頂いて、短い秋を満喫して下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です