春の訪れと紅白黒デー、そして特別買取価格アッププログラム 期間延長のご案内


皆さんこんにちは!ブックスドリームのAです。

3月も半ばを過ぎ、春の訪れを感じ始める季節となりました♪

しかし季節の変わり目というものは注意が必要!

日中は20度近くになる日もありますが、朝晩は肌寒い日も多く、

また「春の長雨」と呼ばれる、天気がぐずつきやすい期間でもあります。

天気予報を日々チェックして、着脱しやすい服装で出かけるなど、

しっかり体調管理を行っていきましょう~。


さて先日の3月14日といえば「ホワイトデー」でしたね。

私の年代だと、「バレンタインデー」のお返しにマシュマロを贈る日、

もしくはカップル爆発しろの日というイメージなのですが、

そもそもどういった日とされているのか、気になったので今回調べてみました。

まず前提であるバレンタインデーは、

ローマ帝国時代に皇帝が公布した、兵士の結婚禁止令に背いてしまった男女を救うため、

2月14日に殉死したバレンタイン司教を偲んで設けられました。

実は「女性が男性にチョコレートを贈る」というのは日本独自の文化。

「菓子業界が仕掛けたプロモーション」により普及したもので、

世界範囲でみた場合、チョコレートに限定せず、

カップルでプレゼントを贈り合う日とされているのが多いようです。

近年では日本でも「友チョコ」「自分チョコ」「逆チョコ」など多様化していて、

チョコレートを食べてもいい理由付けの日となっているような気はしますが笑

そしてホワイトデーはというと、、

やはり菓子業界のプロモーションによる日本独自の文化!!(+アジア数か国)

なんだか手のひらで踊らされているようで怖いかも(^^;

とはいえ日本人が誘導されやすい単純な性格というのではなく、

本命に情熱的にアプローチを仕掛けたいという諸外国とは異なり、

相手の女性への気持ちに関わらず、頂いた物にはお礼やお返しをする。

そんな律儀な習慣が根付いている民族だからこそ浸透した文化なのではと私は思います。

ちなみに韓国では4月14日を一種の記念日、「ブラックデー」としていて、

バレンタインデー、ホワイトデーで贈り物を受け取れなかった人が、

黒い服を着て、黒味噌のジャージャー麵やブラックコーヒーを食して、

恋人が出来るように祈願するというイベントが開かれるそうです。

黒色縛りの徹底ぶりが凄いですね笑


春へと季節の移ろいを感じるこの時期、弊社の繁忙期業務も佳境を迎えます。

3月25日には【年度末限定 特別買取価格アッププログラム】の延長を各サイトでご案内させていただきました!

年度末限定 特別買取価格アッププログラム(2月15日~4月30日)のご案内

3月31日までの予定でしたが、大好評のため4月30日まで延長します!

買取のご依頼が大変多いこの時期、今年も例年以上にたくさんのお客様にご利用頂いております。

検品や査定のスタッフも毎日フル稼働でお客様からお送りいただいた買取ご希望商品を査定しております。一冊一冊丁寧に査定行い、かつ迅速に査定結果をご案内できるようスタッフ一同努めております

 

皆様からご支持いただけるサービスを提供できるよう、スタッフ全員で取り組んでおります。

参考書や赤本、教科書・専門書・医学書、予備校テキストをお持ちのお客様は、是非弊社買取サービスをご利用ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です