スタッフ勉強会を実施しました|他者へ説明を行う際の重要ポイントについて

2015年12月27日スタッフ勉強会

勉強会6

ブックスドリームの青木と申します。

本日は12月21日に行った勉強会の様子をご紹介させて頂きます。

この日は私の発案で、誰かに自分の考えを説明するということの要点や難しさを実践形式で学びました。

 

具体的には、「各人が最寄り駅から自宅までの経路を5分以内で説明し、それを他のスタッフが紙に書く」という形式で行いました。

CIMG7294_R

・書く人(相手)の立場に立った説明を心がける

・自分のペースで説明するのではなく、書くペースなど相手の状況をよく見て説明する

・地図をどこから書いたらよいかわかるように、地図を書く際の始点をはじめに決める。何メートルが何センチにあたるかなど、定義づけをはじめにする

などがポイントでした。

きちんと説明できているスタッフもいれば、突然地元の道の名前が出てきて全員が慌ててしまうスタッフもいましたが、最後に各スタッフの説明の良し悪しを評価し合い、充実した勉強会になりました。

「他者へ説明を行う」ということは、

・お客様の質問に電話やメールで的確に回答する

・周りのスタッフに業務の報告・連絡・相談をする

・部下や新人に業務の説明をする

・取引先と交渉する

など、仕事における各場面で必要とされる能力です。

スタッフ全員が他者に説明する能力を持つことの重要性を認識した勉強会でした。

投稿者プロフィール

ブックスドリーム 編集部
ブックスドリーム 編集部ブックスドリーム 編集部
参考書・専門書・医学書、大学の教科書、予備校テキスト・教材を専門に買取・販売しています。専門店として創業15年。40万件以上の買取と3600万冊以上の取扱いを行ってきました。 インターネットから申し込みをして宅配便の着払いで送るだけの簡単買取。全国から送料無料。ご希望の方には段ボール無料送付サービスも行っています。
こちらのブロブでは、当社の最新情報や業務風景、スタッフの紹介の他、参考書・専門書・医学書・予備校テキスト・教材などに関する様々な情報を投稿しています。