赤本買取でおすすめの6店と買取相場や高く売る方法を徹底解説

2021年9月10日

ブックスドリーム 編集の”まえだ”です。

いつも弊社ブロブをお読み頂きありがとうございます。

大学受験が終わり、今まで使っていた赤本をどうしていますか?赤本は受験が終われば不要となり、後輩や知人にあげる人も多いと思います。なかには買取を検討している人もいるでしょう。

しかし、赤本は一般的な書籍と異なるので、「どこで買い取ってもらえる?」「買取相場を知りたい」「高く買い取ってもらうには?」というような疑問をおもちではないでしょうか。

そこで今回は、参考書や赤本、予備校テキスト・教材を専門に10年以上買取と販売を行い2400万冊以上を取扱いしてきた弊社が、赤本の買取相場赤本を高く売る5つのポイントをお伝えします。また、記事の後半では、赤本買取でおすすめの宅配買取店6店を徹底比較。厳選して紹介しています。

赤本を上手に買い取ってもらうための、参考にしてみましょう。

赤本

赤本を買い取ってもらえる2つの方法

小説や漫画と異なる赤本は、どこで買い取ってもらえるのでしょうか。主に、以下の2つの方法で買い取ってもらえます。

1.宅配買取業者
2.フリマサイト・ネットオークション

ひとつずつみていきましょう。

①宅配買取業者

まずは、宅配買取業者です。古本屋などさまざまな買取業者がありますが、なかでも赤本や参考書などを専門とした買取業者に頼むことをおすすめします。専門の買取業者は、一般的な古本屋よりも適正価格で買い取ってもらえる可能性があります。

また、数冊〜数十冊近い赤本や参考書がある場合、重い本を抱えて店舗まで行くのは大変です。宅配買取業者であれば、荷物を送るだけで査定や買取を行ってくれます。買取業者のなかには、査定額に納得いかない場合は、送料無料で返品をしてくれるところもあります。気軽に、なるべく手間をかけずに買取を希望する人にはおすすめです。

②フリマサイト・ネットオークション

2つ目は、メルカリのようなフリマサイトや、ヤフオクのようなネットオークションへの出品です。

フリマサイトは、自分が希望する金額で出品できます。買取業者が提示した査定額以上の金額で出品可能ですが、購入希望者がいなければ意味がありません。また購入者がおらず、相場よりも低い金額で出品をしてしまう可能性もあります。相場を調べる必要があり、出品までに手間がかかる点はデメリットです。また、売れてからも、自分で梱包して発送して受け取り連絡されるのを待つなど、何かと手間と時間はかかります。

ネットオークションは購入希望者同士が競り合うため、場合によっては希望金額よりも高額になります。しかし、普通に出品するだけでは金額が上がることはなかなかありません。「手に入りにくい」などの付加価値が必要です。

赤本の買取相場

赤本の買取相場は、発行年度、大学や学部によって異なりますが、例えば弊社は赤本・青本の買取に力を入れており、以下の金額を保証しています。

注)2021年7月時点。保証対象年度は毎年更新されます。

【2021年版】
●医学部全般:800円~

●歯学・薬学・看護・医療学部全般:600円~

●国公立・市立大学:400円~

●私立大学全大学・全学部:400円~

【2020年版】
●医学部全般:300円~

●国公立・市立大学:300円~

ただし、赤本の状態が悪ければ価格は下がってしまうため、注意が必要です。

例えば、書き込みがある場合や使用感が強い場合は買取価格が下がります。また、書き込みや使用感が著しい場合は買取できなくなります

赤本をできるだけ高く買い取ってもらうための5つのポイント!

買取価格は、赤本の状態によって変わります。どうせ買い取ってもらうなら、なるべく高く買い取ってもらいたいですよね。赤本をできるだけ高く買い取ってもらうためには、以下の5つのポイントを押さえましょう。

書き込みが少ないもの
関連する参考書や問題集とセットで買い取ってもらう
使い終わったその年に買い取ってもらう
9〜10月に買い取ってもらう
新品が手に入りにくい赤本を買い取ってもらう

ひとつずつ説明していきます。

①書き込みが少ないものが望ましい

まずは、書き込みはなるべく少ないものが望ましいです。

書き込みが多いと、査定金額は下がってしまいます。赤本に直接書き込んで勉強をする人や、重要な部分にマーカーなどを引いている人も多いでしょう。人によっては、むしろ書き込みやマーカーがあるほうが勉強しやすいと思うかもしれません。

しかし、買取業者に買い取ってもらうとなると、なるべく新品に近い状態が好まれます。これから赤本を使う人で今後買取を考えている人は、付箋やノートを使い、赤本に直接書き込むことは控えましょう。

参考書や赤本を売る際に使用のない書き込みの仕方については、以下の記事で紹介しています。是非こちらも参考にしてください。

②関連する参考書や問題集とセットで買い取ってもらう

2つ目のポイントは、赤本以外の関連した書籍をセットで売ることです。参考書や問題集も、赤本と同じタイミングで手放すことがほとんどです。赤本だけで売るよりも、セットにしたほうが高く買い取ってもらえます。

なお、参考書や問題集もきれいな状態のほうが望ましいです。

③使い終わったその年に買い取ってもらう

3つ目のポイントは、使い終わったらその年に買い取ってもらうことです。最新年度の赤本は、最新の入試傾向が知れることから、高額で買い取ってもらえます。

とはいえ、使用から数年後、部屋の片付けをしたついでに赤本を処分する人も多いでしょう。数年前の赤本よりも最新年度のほうが高くなるため、使い終わったその年にすぐ買い取ってもらうことをおすすめします。

④9月~10月に買い取ってもらう

4つ目のポイントは、買取の時期を9〜10月にすることです。

9〜10月は赤本の需要が高まる時期です。買取業者も買取に力を入れるため、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

⑤新品が手に入りにくい赤本を買い取ってもらう

最後は、新品が手に入りにくい赤本を買い取ってもらうことです。最新年度の赤本であれば高く買い取ってもらえることをお伝えしましたが、一方で手に入りにくい赤本も高く買い取ってもらえることもあります。

書店では最新版しか売られていないことも多く、過去問題を解きたい受験生にとって昔の赤本の中には需要があるものもあります。なかには絶版になっているものもあり、新品では手に入りにくい赤本であり、かつ需要も高ければ、高く買い取ってもらえることもあります。

赤本

赤本の買取なら専門の買取業者がおすすめ!

赤本は、フリマアプリやネットオークションで売れます。ただし、相場を調べる必要があるほか、相場より大きく下回った金額で売ってしまったり、買い手がつかなかったりする可能性があります。

赤本を買い取ってもらうなら、専門の買取業者がおすすめです。家にある赤本や参考書を送るだけで、簡単に査定・買取をしてくれます。

送料無料、原則1冊400円以上で買取!

例えば、弊社が運営する参考書や赤本、予備校テキスト・教材の専門買取店「学参プラザ」では、10冊以上で送料無料、梱包する段ボールも無料でプレゼントしています。手間をかけずに簡単に売れるので、大量の赤本や参考書がある人にとってもおすすめです。

また、最新版の赤本は1冊400円以上の買取保証を行っています。ネット運営で店舗がなく、経費を削減することで高価買取を実現しています。

赤本買取の流れ

一般的な赤本買取の流れについて説明します。基本的に買取方法は3つのステップで簡単に行えることが多いです。

申し込みフォームに必要事項を記入
各買取店のホームページにある、【買取申し込みフォーム】から申し込みをします。

商品を発送
この時に、会社によっては「自動集荷サービス」があります。これは、指定の日時に宅配業者が自宅に来てくれるので便利です。自分で荷物を持ち込む必要がないため、重たい荷物を運ぶ必要がありません。

自動集荷サービスのみで受付している会社もありますが、自分で都合のいい時に発送してもいい会社もあります。申し込みフォームで分かりますから、気になる人は確認しましょう。

査定結果のお知らせ
基本的に査定は商品が到着してから数日~遅くとも一週間程度で終わることが多いです。査定方法によって変わることもあります。買取会社によって多少異なりますからホームページで確認しましょう。

弊社の場合は、「査定自動承認」を選択すると、到着翌日から3営業日以内で査定結果のお知らせと買取代金の支払いまで完了します。「個別査定」の場合は7〜10日以内に査定結果をお知らせし、ご了承いただいてからお支払いします。

赤本の梱包方法

商品を発送する際は、梱包方法にも注意が必要です。

まず、赤本は横向きに敷きつめます。次に、隙間を緩衝材などで埋めましょう。赤本は状態によって買取価格が変わります。高く買い取ってもらうためにも、配送中に赤本が傷つかないようにしっかりと梱包をしましょう。

それでは、赤本を売るときにおすすめの宅配買取店6店を紹介します。是非参考にして納得いく買取につなげてください。

赤本買取でおすすめの宅配買取店6店

学参プラザ

学参プラザ
学参プラザ

 

学参プラザは、弊社(ブックスドリーム)が運営している専門買取店です。主に受験の参考書や問題集、赤本、予備校テキストの買取を行っています。小学受験・中学受験から大学受験まで幅広く取扱いしています。また、主に大学受験の予備校テキストの他、中学受験の塾テキストや幼児教材も取扱いしています。

こちらは、弊社の代表が創業までに塾・予備校講師を長年勤めていた経験から祖業となっており、力をいれています。専門店として今年で12年目を迎え、27万件以上の買取と、2400万冊以上の取扱いを行ってきました。

10冊以上送れば送料無料となり、最新版の赤本の買取価格保証や人気・定番の参考書の高価買取商品700点以上、絶版人気参考書の高価買取商品が多数掲載されています。また、予備校テキストや塾テキストも買取しており、こちらも高価買取商品を掲載しています。

多少の書き込みがあっても元の買取価格が高い参考書や赤本は買取可能です。

学参プラザの赤本の買取についてはこちらからご覧頂けます。

段ボール無料サービスや自動集荷サービス(無料)、LINEでのお問い合わせやお申し込み(メールアドレス不要)にも対応しています。

段ボール無料サービスは自分で用意すると10%買取金額が上がります。また、現在キャンペーン中となり、自動集荷サービスを利用すると買取金額が5%アップになります。

買取代金の受け取り方法も多種類用意されています。

・銀行振り込み(振込手数料無料)

・Amazonギフト券(買取金額5%アップ)

・LINE Pay、nanaco、楽天edy、Google Play ギフトコード、レコチョク(買取金額3%アップ)

・【現金書留】

から選べます。

また、査定は弊社の品質基準を満たした専門スタッフだけが、一冊一冊丁寧に行っており、希望すれば一冊一冊の買取価格を教えてもらえます。

【学参プラザの買取サービスの特徴】

●10冊送れば送料無料

●参考書や赤本、予備校テキストを専門に買取

●参考書や赤本の高価買取商品や買取価格保証商品を多数掲載

●多少の書き込みがあっても元の買取価格が高い参考書や赤本は買取可能

●段ボール無料サービス有り(利用しなければ買取金額が10%アップ)

●自動集荷サービス(無料)有り(利用で買取金額5%アップのキャンペーン中)

●LINEでの問い合わせや申し込みに対応(メールアドレス不要で申し込みできる)

●買取代金の受け取り方法が多数用意されている

●専門スタッフが一冊一冊丁寧に査定

バリューブックス

バリューブックス
バリューブックス

 

バリューブックスは、本全般(漫画・コミック 小説・エッセイ・新書・参考書・専門書)、CD・DVD・ブルーレイ・ゲームを買取している会社です。赤本の買取もしています。

主にAmazonで販売しており、多くの本、CD・DVD・ゲームを扱っています。

買取サービスとしては本棚スキャンという買取価格の目安をまとめて確認できるサービスがあり、事前に売れる本だけを選んで送ってもらうことで廃棄本を減らし、買取価格を上げています。

送料は一箱あたり500円かかります(送るときは着払いで、「500円×箱数」が査定価格から自動的に差し引かれます)。

一冊一冊の査定価格を知りたいという方や売れる本だけを選んで送りたいという方にはおすすめです。

【バリューブックスの買取サービスの特徴】

●本全般、CD・DVD・ゲームの買取をしている。赤本も買取している

●本棚スキャンという買取価格の目安をまとめて確認できるサービスがある

●送料は一箱あたり500円かかる

●一冊一冊の査定価格が分かる

ていねい査定くん

ていねい査定くんの赤本の買取
ていねい査定くんの赤本の買取

 

ていねい査定くんは、主に専門書・学術書・参考書・大学教科書を買取しています。古本全般やDVDも買取しています。

買取専門店ならではの強みをいかして、大学入試の赤本過去問・問題集も高価買取しています。「虫眼鏡査定」として一点一点丁寧に査定しています。

書込みがある参考書でも買取していますが、赤本のような問題集に関しては、解答欄に解答を記入してしまっている場合は買取していません。買取を期待する場合は、解答を消してから送る必要があります。

ブックオフなどの普通の古本屋では買取していないことが多い予備校テキストやCD・DVD教材も買取しています。

ていねい査定くんの赤本の買取についてはこちらからご覧頂けます。

送る際の送料は無料で、30点以上送る時は梱包用の段ボールも無料で届けてくれます。

【ていねい査定くんの買取サービスの特徴】

●専門書・学術書・参考書・大学教科書を買取。赤本や過去問・問題集も買取可能

●予備校テキストやCD・DVD教材も買取

●書込みがある参考書も買取可能だが、赤本や問題集に関しては、解答欄に書き込みがあるものは買取していない

●「虫眼鏡査定」として一点一点丁寧に査定に査定

●送料は無料で、30点以上送る時は梱包用の段ボールも無料でお届け

BOOK RIVER(ブックリバー)

BOOK RIVER(ブックリバー)の参考書買取
BOOK RIVER(ブックリバー)の参考書買取

 

BOOK RIVER(ブックリバー)は専門書医学書・ビジネス書の買取に特化した会社です。参考書赤本の買取もしています。

書籍の知識を備えた専門のスタッフが査定を担当しています。一冊一冊丁寧に調べた上で適切な査定を実施しています。事前査定サービスもあります。

BOOK RIVER(ブックリバー)の参考書や赤本の買取についてはこちらからご覧頂けます。

査定金額が2,000円以上で送料無料となり、ダンボール代金も負担してくれます(本と一緒に領収書を同封)。

【ブックリバーの特徴】

専門書や医学書・ビジネス書の買取に特化した会社。赤本の買取も可能

●書籍の知識を備えた専門のスタッフが査定を担当

●一冊一冊丁寧に調べた上で適切な査定を実施

●事前査定サービス有り

●査定金額が2,000円以上で送料無料

●ダンボール代金も負担してくれる(本と一緒に領収書を同封)

ウリボー

ウリボー
ウリボー

ウリボーは、学習参考書問題集、試験の過去問赤本専門書を買取しています。

多少の書き込みがあっても買取していて、本の裏表紙にあるバーコードの数字(ISBN番号)を入力するとすぐに目安の査定額が表示されるサービスがあります。

高価買取中の赤本や、高く売るためのポイント、実際に買取した参考書や赤本の買取価格なども公開しています。

ウリボーの赤本の買取についてはこちらからご覧頂けます。

送料は査定金額2000円以上で無料です。初回は無料で段ボールを送ってもらえます。

ただし、実際に送って査定した結果、査定金額が1000円以下だった場合は自動的に寄付になります。

【ウリボーの買取サービスの特徴】

学習参考書や問題集、試験の過去問や赤本、専門書を買取

高価買取中の赤本や、高く売るためのポイント、実際に買取した参考書や赤本の買取価格も公開

●査定金額2000円以上で送料無料

●段ボール無料送付有り

●多少書き込みあっても買取可能

査定金額が1000円以下だった場合は自動的に寄付になる

ブックマニア

ブックマニアの赤本の買取
ブックマニアの赤本の買取

ブックマニアは、本全般、CD・DVD、ゲームを買取しています。参考書赤本の買取もしており、学部や学科を問わず、最新の赤本から過去の赤本まで幅広く買取しています。

書き込みや汚れがあっても買取しており、知識が豊富な査定スタッフが、赤本を一冊一冊丁寧に検品し、市場価値に基づいて買取しています。

ブックマニアの赤本の買取についてはこちらからご覧頂けます。

送るときの送料は無料で、段ボールの無料送付サービスもあります。送料・査定料・振込手数料・処分料なども全て無料です。

【ブックマニアの買取サービスの特徴】

●本全般、CD・DVD、ゲームを買取しており、赤本の買取も可能

●書き込みがあっても買取可能

●一冊一冊丁寧に検品し、市場価値に基づいて買取

●送料・査定料・振込手数料・処分料など全て無料

段ボールの無料送付サービス有り


以上、赤本を買取してもらいたい時におすすめの買取店6店でした!

使い終わった赤本をお持ちの方は是非ネットの宅配買取で便利に売るという選択肢も検討してみてください。

赤本も含む参考書全般の買取でおすすめの宅配買取店については、以下の記事で紹介しています。

大学受験で使った参考書や赤本の高価買取商品や高く売るコツは、以下で紹介しています。

是非これらも参考に、満足いく買取につなげてください!

最後までお読み頂きありがとうございました!

投稿者プロフィール

ブックスドリーム 編集部
ブックスドリーム 編集部ブックスドリーム 編集部
参考書・専門書・医学書、大学の教科書、予備校テキスト・教材を専門に買取・販売しています。専門店として創業12年。27万件以上の買取と2400万冊以上の取扱いを行ってきました。 インターネットから申し込みをして宅配便の着払いで送るだけの簡単買取。全国から送料無料で買取可能。ご希望の方には段ボール無料送付サービスも行っています。
こちらのブロブでは、当社の最新情報や業務風景、スタッフの紹介の他、参考書・専門書・医学書・予備校テキスト・教材などに関する様々な情報を投稿しています。