ブックスドリーム スタッフ紹介♪|検品・査定部門30


こんにちは。
いつもブックスドリームのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本日は、査定部門に配属されましたMさんを紹介します。

Mさんは今年の繁忙期(2~3月)に短期スタッフとして入社しました。
当社を気に入り、また勤務成績も優秀だったため、繁忙期を終えた5月からは長期スタッフとして入社しました。

非常に丁寧な方で、日々もくもくと査定の業務をこなしています。
本日はそんなMさんの業務風景を撮らせていただきました。当社の業務内容も交えながらご紹介いたします。


まずはお客様からお送りいただいた本を箱から取り出します。
開封時や取り出し時に本を傷めてしまう可能性があるため、慎重かつ丁寧に開封、取り出します。
Mさんは作業用の手袋を着けて作業してくださっています。Mさんの丁寧さが垣間見えますね。
次に、お客様からお送りいただいた本を検品、査定します。
本の状態、書き込みや付属品の有無を1冊1冊確認します。
検品、査定を終えたら一冊一冊査定結果を登録します。この入力作業に誤りがあると、お客様へ誤った査定結果をお伝えすることになりかねないため、ミスは許されません。覚えることも多く、大変な作業ですが、さくさくともくもくと入力しています。

登録された査定結果は、最終的に査定部書の責任者がチェックを行い、間違いがなければお客様対応部署での最終確認を経てお客様に送信されます。

査定を終えた本は所定の場所へ移動します。
ここで本を落としたりしたら、、、最後まで気は抜けません。
この後、出品の部署へと本は引き継がれていきます。
出品業務についても過去に紹介していますので、あわせてご覧ください。

ブックスドリーム スタッフ紹介♪|検品・査定部門25


業務の合間にお邪魔して、毎度恒例の質問に答えていただきました!

1.当社に入社した理由を教えてください。
本が好きだからです

2.当社でどのようなことがしたいですか?
もっと本に詳しくないたいです

3.当社の好きな所はどこですか?
社員さん、他のアルバイトさんが皆優しいところです

4.仕事をする時に気を付けていることなどありますか?
検品、査定でミスがないように慎重に、1冊1冊を見るように心がけています。

5.当社で働いていて気になった本(何でもOK)はありますか?
あります(ゴロ合わせで覚える歴史の本です)

6.以前はどのようなお仕事をされていましたか?
接客業をしていました。

7.休日は何をされていますか?また、おすすめのスポットなどはありますか?
家で本を読んだり、ゲームしたりしています

8.趣味は何ですか?その魅力はなんですか?
作曲です。魅力は自分で「創る」ところだと思います。誰にも干渉されず自分の世界を表現できます。

9.好きな映画、アーティスト、ドラマあれば教えてください?
ヨルシカさんの大ファンです。

10.本を読むならどんなジャンルがいいですか?
ミステリー系です。山田悠介さんの本が好きです。

お忙しいところ、ありがとうございました。
作曲されるということで、自分で世界を表現し造ることへのこだわり、そのひた向きな真面目さが業務にも向けられているように思います。
未来のヨルシカに期待です!


当社で働いていて気になった本について、「ゴロ合わせで覚える歴史の本」とのことで、いくつか紹介させていただきます。

日本史・西洋史は年代ごとに起こった出来事、その詳細を学びます。
○○年には何があり、誰が活動して、どういう出来事が起きて、、という風に覚えていくことになります。
他の教科のように、文章や数式から読み解き、答えを導くというわけにはいきません。出来事を記憶し、正確に答えられるかにかかってきます。もちろん他の教科でも記憶することは大事ですが。

そんな何かと覚えることが多い歴史に有用な方法が、年代と出来事を合わせた語呂合わせです。
皆さんご存じの「いい国(1192年)作ろう鎌倉幕府」ですね。
これなら膨大な情報でもスタイリッシュにまとめて記憶することができます。

年表、人物、法律、争いごと、、、などなど正直少し固いイメージのある歴史ですが、だからこそポップに、おもしろく語呂で覚えようというスタイルの本がたくさんあります。
高校 マンガとゴロで100%丸暗記 世界史年代
こちらの本は、表紙にも描かれていますが、主要人物や出来事がポップ調に描かれており、五・七・五のリズムで覚える語呂暗記が掲載されています。
また、語呂に合わせた出来事もしっかり詳細に記載されているため、勉強の用途以外でも楽しく学ぶことができます。
日本史版も出版されています。

中学すいすい暗記歴史年代
こちらは高校入試、中学範囲の歴史です。
日本史と世界の主な出来事が語呂合わせになって、250個収録されています。
写真が多く取り入れられ、視覚的に覚えることができます。

そして、漢文や古文で有名な「ゴロゴシリーズ」にも日本史版があります。
日本史ゴロゴ 正誤問題トレーニング
ゴロゴシリーズらしく、おもしろく飽きがこない、勉強にもってこいの1冊です。


歴史や文学のように少し固いイメージのものにポップさや、ユーモアが含まれることで、新しい視点に気づき、新しいおもしろさが生まれます。
Mさんにとってはそういうところが気になったのかもしれません。

これから暑い時期に差し掛かり、夏休みにはまた少し忙しくなることでしょう。
業務はこれからも大変ですが、頑張っていきましょう!

以上、検品・査定部門Mさんの紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です