スタッフ勉強会を実施しました|スタッフの成長について


ブックスドリームの青木と申します。

本日は6月2日に行ったスタッフ勉強会の様子をご紹介させて頂きます。

この日の勉強会では弊社のとあるスタッフが社内備品管理についての報告を行いましたので、その内容についてご紹介させて頂きます。

社内備品管理を担当しているのは以前スタッフ紹介のブログでも登場したTになります。

ブックスドリームスタッフ紹介♪ヤフオク部門編4

ブックスドリームスタッフ紹介♪ヤフオク部門編4


弊社は商品売買の事業を営んでおりますので、在庫の管理は重要な業務になります。Tにも将来的にはお客様の商品を管理できるような人材に育ってほしいという思いがあり、社内の備品管理を通じて成長してもらえればと備品管理に任命しました。

そんな期待を背負ったTの備品管理報告、社内でスタッフ向けに販売している飲料の在庫状況についての報告でした。
※弊社は社内の冷蔵庫でコンビニ等よりも安い値段でジュース等の販売を行っており、気軽に安く手に入る仕組みになっています。毎日5本程度は安定して売れており、スタッフにも好評な仕組みです。

ちょっと一息|ブックスドリームの職場紹介

CIMG9922_R

飲料在庫報告内容
————————————————–
紅茶花伝ロイヤルミルクティー×93
クリスタルガイザー×96
ガツンゴールド×109
ドデカミンストロング×91
荒挽きカフェオレ×57
その他数十種類多数在庫有
————————————————–

ちょっとしたスーパー並みの在庫を抱えていました。本屋さんでここまで飲料を抱えているお店はそうはないぐらいにありました。
しかも賞味期限切れの商品もどんどん出てきているそうです。
全て売り切るのはかなり危機的な状況ですが、Tは強気の姿勢で「賞味期限切れも値引きしてとりあえず売る」「冷蔵庫の全ての飲料をガツンゴールドに変えて、ガツンゴールドの在庫を減らす」と方針を打ち出していたので様子見です。

この危機的な状況は適切な在庫管理ができていなかったから発生した状況になります。実際の業務では絶対にあってはならない状況です。
社内備品管理を通じてTが「失敗を学ぶ」ことができれば、今後の業務において良い経験になるかと思います。

当社ではこの例のように一人一人のスタッフが様々な業務の割り当てを受け、責任を持って管理する、勉強会などで進捗状況を全体に説明する取り組みをしています。

もちろん、最初は小さなことから任せていきますが、経験を積んで成長していってもらい。徐々に社内の重要な事柄を任せていけるように考えられています。

以前の勉強会でも「日々の小さな積み重ねの大切さ」をテーマにしたものがありました。

スタッフ勉強会を実施しました|日々の小さな積み重ねの大切さ

何事も小さなことからコツコツとというように、いきなり大きなことをしようとしてもうまくいきません。お客様への対応や会社の運営も小さな努力の積み重ねがお客様の満足や大きな成果につながっていきます。

こういった様々な取り組みを通じてスタッフの成長を促していければ、より良い会社になると感じました。

とりあえず私もガツンゴールドを毎日1本減らすことを目標に、日々業務に取り組んでまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です