【求職者様向け情報4】弊社の教育体制に関して


ブックスドリーム 代表の井上と申します。

いつも弊社サイトをご覧頂きありがとうございます。

今回は求職者様向け情報(社員採用)の4回目として、弊社の教育体制を紹介させていただきます。


書類選考と面接を通過し入社された社員にはまず、先輩スタッフによる基礎業務のレクチャーが行われます。

求職者様向け情報2 求めるスタッフ像に関して1】で紹介したように、弊社では、前職の経験に関わらずまずは弊社の基礎業務を一通り習得していただき、徐々に全体に関わる業務やアルバイトスタッフの管理業務、適正に応じた業務に就いていただくようにしております。

どのような仕事であっても、基礎的な業務(弊社で言えば検品や査定・出品、ヤフオク出品など)をきちんと把握せずに全体の管理をすることはできませんし、システムやオペレーションの適切な改善もできません。

また、基礎的な業務がアルバイトスタッフよりも遅い、できないといったことでは周りから社員として管理者・責任者として認めてもらうことは難しいでしょう。

そのため、弊社では、まずは基礎的な業務の習得を日々の業務を通して行い、スタッフ間ミーティングや勉強会を通じて弊社で働く上でもって置いて欲しい意識のレクチャーを行っています。


また、【求職者様向け情報2 求めるスタッフ像に関して1】でも紹介したように、基礎的な業務のレクチャーを受ける際に必要な心がけとしては、まずは「素直に聞いてその通りにやってみる」という姿勢です。

新人スタッフに業務のレクチャーを行うスタッフは、全員が基礎的な業務をきちんと習得し、レクチャーできると現場責任者と会社が判断したスタッフです。

最初から、「前の会社ではこうだった」とか「こうしないのはおかしい」といった主観を持って判断するのではなく、真っ新な状態でまずは教えていただくという「謙虚な姿勢」が大切です。

社風や会社の運営に関しても、まずは前職の常識をできるだけ0にして、真っ新な状態で臨むようにした方が、うまく適応できことが多いように思います。

社会で経験を積み、年齢を重ねれば重ねるほど、真っ新な状態で臨むということは難しくなりますが、できるだけの努力を行おうという姿勢が大切です。

教えてくれている人が教えやすい状況、もっとできるようにしてあげようと思ってくれる状況を作るようにした方が自分にとっても良いですよね(^^)


自社のことをよく言い過ぎるのは恥ずかしいですが、弊社のスタッフは「教える」ということに定評のあるスタッフが揃っています。

これまでに入社したスタッフのほぼ全員が「優しく教えてくれて」とか「自分がすぐにできないので迷惑をかけているのではないかと申し訳なくなる」と言うほどです。


諸々の事情により転職を志している方にとって、入社はゴールではありません。

入社してからがスタートです。

皆様が弊社にスムーズに適応できるような教育体制を築いておりますので、無事入社された暁には、安心して「素直」に「一体感」を持って「周りに貢献しようという気持ち」を持って業務に取り組んでいただければと思います。


弊社では現在、各種求人媒体で新規スタッフの募集をしておりますが、ご応募そして入社がお互いの良き出会いとなるような選考過程、入社後の教育体制、業務環境をご用意しております。

時に厳しく、時に楽しく、共に働く良き仲間をお待ちしております!!

 

株式会社ブックスドリーム

代表取締役 井上聖也

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です