2020秋♪高知倉庫からの季節のお便り♪山北みかん♪


皆様こんにちは!

本日は冬の訪れを感じるお便りの紹介です♪
冬といえばコタツ!コタツといえばミカン!
冬の代名詞ともいえるミカンですが、なんとなんと!

弊社の物流倉庫は高知県四万十にあるのですが、先日そちらで働いてくれているスタッフから毎年の恒例の?贈り物が届きました~♪

今年の2月にも頂きました♪

高知倉庫から大阪本社と買取センターに季節のプレゼント♪2020

去年も…♪

高知倉庫からみかんの贈り物&高知倉庫のご紹介

 

おととしは変化球でクロワッサンを送っていただいたみたいですね♪

また高知倉庫から差し入れをいただきました!

 

そして今年も冬の名物「山北みかん」が届きました!

山北みかんとはなんでしょう!?

りんごにはいろいろと品種がありますが、みかんにもやっぱり各地の品種があるんですね。ということで山北みかんについて調べてみました♪

(公式サイトより)

黒潮運ぶ温暖な気候と、豊かな自然に恵まれた高知県のみかんどころ香我美町・山北。枝もたわわに、艶やかに色づいた果実はひとふさひとふさみずみずしい。薄くやわらかな果皮と、甘さと酸味の絶妙なバランス。

山北みかんの公式サイトまであります!

山北温室みかん|JAとさかみ

黒潮運ぶ温暖な気候と豊かな自然に恵まれた高知県一のみかんどころ香南市香我美町山北。 枝もたわわに、艶やかに色づいた実は、一房、ひとふさ、ふっくらとみずみずしく育ちました。薄くやわらかな果皮。甘さと酸味の絶妙なバランス。 山北ハウスみかんならではの繊細な風味を、たっぷりとご賞味下さい。

温室で美味しいみかんを栽培するという取り組みはなんと昭和40年代に始まり、それが現在のJA土佐香美 温室みかん部会元となっているそうです。

温室みかんの出荷が軌道にのるまでは5年ほどかかったとか。みかんへの情熱がなければできないことです。

 

山北みかんの歴史に思いを馳せながら新鮮なフルーツに目のないブログ担当者がさっそく一つ頂きました。

まさに甘すぎず酸っぱすぎず、粒の大きさもちょうどいい理想的なみかんでした……!

送られてきたダンボールには山北みかんのチラシも入っていました♪

みかんといえばビタミンCという印象ですが、それ以外にもいろいろとビタミンが含まれているんですね~。

あまり聞いたことのないビタミンPはビタミンCと一緒に作用し毛細血管を整えてくれ、みかんの他には玉ねぎやリンゴにも含まれているそうです。

指先の冷える風邪の季節にぴったりです♪♪

ついつい沢山食べてしまいがちですが、ミカンは水分が多いため
体が冷える原因にもなったりします。
しかし暖房のきいた部屋では、体も乾燥しているので良い水分補給にもなります。
また、食べ過ぎると手が黄色くなるのは、みかんに含まれているカロテノイドが原因ですが
特に害はなく一定時間が過ぎると黄色は消えます。
食べ過ぎに注意して適量を頂くのがベストですね!

さっそく大阪のスタッフにも配りました♪

高知スタッフの心遣いに大阪スタッフも大喜びです♪

これから風邪やインフルエンザの季節になりますが、栄養をたくさんとって受験シーズンに備えたいと思います!!

新たなサービスも開始致しますので、下半期のブックスドリームにもぜひご期待ください★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です